安城の三河万歳後援会について

昭和50年6月16日に三河万歳が愛知県無形民俗文化財に指定されたことを契機に、
さらに郷土の文化財として育てるために昭和51年5月9日に恒久的な後援組織をつくり、
三河万歳保存会に対して力強い声援を送ることにしました。これが、安城の三河万歳後援会です。



後援会のあゆみ

昭和51年 安城の三河万歳後援会発足
新年には年賀状送付(現在も続行)
正月披露 1月4日 
(会員513人)
昭和52年 敬老会公演(現在も続行)
正月披露(新春披露)を元日の0時からと1月3日に公演
(会員488人)
昭和55年 衣装の更新補助
入会記念として手ぬぐい配布(現在も続行)
(会員525人)
昭和60年 衣装の更新補助 (会員863人)
平成 2年 衣装の更新補助 (会員1042人)
平成 4年 後援会15周年記念万歳扇子販売
保存会歴20年以上の6人に感謝状贈呈
(会員1141人)
平成 7年 西尾市・安城市・幸田町の三河万歳が国指定となる (会員1255人)
平成 8年 後援会20周年記念・国指定の記念として会員に名入りタオルを配布 (会員1476人)
平成13年 後援会25周年記念として床机3脚と日の丸扇子8本を贈呈
会員に万歳扇子を配布
保存会歴20年以上の5人に感謝状贈呈
(会員1672人)
平成17年 万博の公演記念に会旗を贈呈 (会員1700人)
平成18年 衣装更新補助
後援会30周年記念公演を安城市文化センターにて開催
万歳扇子(箱入り)を販売
(会員1760人)
平成19年 手ぬぐい絵柄を御殿万歳から神道三河万歳に変更 (会員1723人)
平成23年 後援会35周年記念として記念の風呂敷を作成し、会員へ配布
保存会歴20年以上の5人に感謝状贈呈
 

あなたも安城の三河万歳を応援しませんか

安城の三河万歳後援会では後援会の会員を募集しています 。

会費 普通会員1,000円
特別会員3,000円以上

入会されますと記念に三河万歳にちなんだ粗品を、また、新年には年賀状をさしあげます。
会員の更新は1年ごとです。

問い合わせ先 安城の三河万歳後援会事務局(安城市歴史博物館内)
安城市安城町城堀30番地
TEL:0566-77-6655
FAX:0566-77-6600